講座規約

第1条(適用範囲)

本規約は、日本ワークショップクリエーション協会(以下、「協会」といいます)が主催するすべての講座(以下、「本講

座」といいます)を対象とし、効力を生じます。

第2条(受講契約の成立)

本講座の受講の申込みの後、受講料の決済が完了した時点で受講契約が成立するものとします。

第4条(受講料の額)

受講料の額は、講座ごとに別途定めるものとします。

第5条(決済方法)

本講座の受講料の決済方法は、次に定めるとおりです。

・講座申し込みは、【RESERVA(レゼルバ)】からの決済になります。

(口座振り込み希望の場合はお申し出ください)

第6条(講座開催日前の解約)

受講者のご都合によりキャンセルされる場合は必ずご連絡をお願いします。お申込みを送信された時点で、正式なお申込み

となります。未入金の場合も規定によりキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

本講座については、次に定めるとおりのキャンセル料が発生いたします。

・講座開催の日の5日前から2日前までの間にキャンセルの通知があった場合

 受講料の額の50%の額

・講座開催の日の2日前から講座開始の24時間前までの間にキャンセルの通知があった場合

 受講料の額の70%の額

・講座開始の24時間前以降から講座開始までの間にキャンセルの通知があった場合

 受講料の額の100%の額

受講者都合で2回以上キャンセルされた場合、その後のサービス提供をお断りする場合があります。(やむを得ない事情の

場合を除きます)

第7条(講座開講日以降の解約)

講座開催の日以降の受講者からの解約(受講契約の解除)は認められませんので、解約の申し出をされても、受講料の返金

は一切いたしません。

第8条(受講料の返金)

受講者の都合による欠席については、受講料の返金は一切いたしません。

第9条(講座開催の中止)

本講座の受講の申込者が最小開催人数に満たない場合、協会は講座の開催の日の1週間前までに、申込みのあった受講者に

通知をし、講座の開催を中止することができます。その場合、既に支払いのあった受講料はその全額を返金します。(受講

者に生じる損害がある場合でも、協会はその賠償の義務を負わないものとします)

第10条(講座修了等の要件)

本講座の全カリキュラムを履修の上、所定の要件を満たした方のみ受講修了となります。原則全講座の受講をお願いしま

す。

第11条(資格の認定)

本講座が資格認定に関する講座である場合、講座受講の修了後、試験合格、登録手続き、認定料・会費の支払い等、協会が

別途定める要件を満たした場合にのみ、その資格認定がなされるものとします。

第12条(著作物)

本講座の受講において、受講者が受領した資料等の著作物(ノウハウ・アートプログラム・イラスト等を含め、以下「本著

作物等」といいます)に関する著作権及びその他知的財産権は協会に帰属し、受講者が協会の事前の承諾を得ずに、これら

を侵害する行為(次に掲げる行為を含むがこれらに限られない)を行うことを禁じます。

(1)本著作物等の内容を、自己又は第三者の名をもってウェブサイトに掲載する等インターネットを通じて公衆に送信す

る行為

(2)本著作物等の内容を、引用の範囲を超えて自己又は第三者の著作物に掲載する行為

(3)私的利用の範囲を超えて、本著作物等を複製・改変等をして第三者に配布する行為

(4)その他、本著作物等の著作権及び知的財産権を侵害する行為

第13条(肖像権)

受講者は、本講座を受講するにあたり、協会固有の講座、イベント、その他活動内容について記録媒体にて撮影することが

あります。また、撮影された記録媒体については、協会の活動にかかわる範囲での利用をするものとします。ただし、受講

者からの削除依頼があった場合は双方協議のうえ、対応を検討するものとします。

第14条(秘密保持)

受講者は、協会によって開示されたアートプログラム、その他事業の情報並びに他の受講者のプライバシーに関わる情報を

秘密として扱うものとし、これらの情報を使用、又は第三者に開示することを禁じます。

第15条(遵守事項)

受講者は、本講座を受講するにあたり、次に掲げる事項を遵守しなければなりません。

(1)協会及び講師の指示に従うこと及び他の受講者の迷惑になるような行為、言動等をしないこと

(2)本講座の受講において知り得た内容につき、その完全性、有用性、正確性、将来の結果等について、協会及び講師に

一切の責任を求めないこと

(3)本講座の内容につき、録音又は録画をしないこと

(4)本講座は申込み本人のみ受講可能であり、受講者以外の方の入室は不可とする

第16条(受講資格の失効)

次に掲げるいずれかの事由に該当した場合には、本講座の受講資格を失効し、その後当該講座並びに協会の如何なる講座の

受講ができなくなります。また失効した場合においても、受講料の返金は一切しません。

(1)本規約又は法令に違反した場合

(2)協会の同意なく、講座の内容を第三者に開示した場合

(3)公序良俗に違反し、又は犯罪に結びつくおそれのある行為を行った場合

(4)協会の保有する著作権、商標権その他の知的財産権を侵害した場合

(5)協会又は協会の利害関係人に対し、誹謗中傷をしたと認められる事実がある場合

(6)本講座の受講申込みその他協会に伝えた情報に虚偽の内容がある場合

(7)協会の事業活動を妨害する等により協会の事業活動に悪影響を及ぼした場合

第17条(損害賠償)

受講者は、本規約及び法令の定めに違反したことにより、協会及び講師等を含む第三者に損害を及ぼした場合、当該損害を

賠償する責任を負うものとします。

第18条(免責事項)

本講座の遅滞、変更、中断、中止、情報等の流失又は消失、その他本講座に関連して発生した受講者又は第三者の損害につ

いて、協会は一切の責任を負わないものとします。


                                     日本ワークショップクリエーション協会