よくある質問

Q1
簡単な工作を作る体験しかないのですが、養成講座カリキュラムについて
いけますか?


A

講師養成講座では、美術の経験の有無にかかわらず参加する全ての方が、ワークショップの基礎から学んでいただける
カリキュラムになっています。
協会のメイン講座である「キッズワークショップクリエイター養成講座」は、わかりやすいオンライン講座を通し
アート知識を習得しながら、アートプログラムが体験できます。安心して受講ください。
また各講座終了後に課題提出がありますので、アウトプットしながら深めていくことができます。





Q2
キッズワークショップクリエイター養成講座後、必ず
「子ども絵画造形講師養成講座」を受講しなければいけないのですか?


A

もうすでに教室を開業されている方や、開業をお考えでない方は受講する必要はございません。
「キッズワークショップクリエイター養成講座」修了後、教室開業をされたい方は「子ども絵画造形講師養成講座」の
受講をお願いいたします。
開業に向けてのノウハウが組み込まれておりますので、講座終了からすぐに開業へと向けて取り組むことができます。




Q3
 養成講座修了し資格取得した後は、どんな活動ができますか。


A

講座修了後は、さまざまな分野で活動できます。

・キッズワークショップクリエイターとしてのフリー講師
・幼稚園や保育園での芸術教育
・学童保育での工作ワークショップ
・地域コミュニティにおけるワークショップ
・子どもアート教室 

などなど

また今後、協会会員として協会主催イベントでの指導やメンバー同士での現場開拓としても活躍できるよう
企画しております。
さらに、会員特別割引の講座を受講し、自己研鑽を重ねることができます。





Q4 
コロナ禍によりワークショップイベントが少なくなっているのでは?
先行きが不安です。


A

昨年3月、ワークショップやイベントが全てキャンセルとなりました。しかし5月頃には、これまでになかった画期的な
ツールを使ってのワークショップが開催されるようになったのです。それがオンラインです。
現在では、東京都内でも 感染対策をしっかりとしながら、ワークショップ開催をしている商業施設、企業主催イベントが
あります。不透明な時代ではありますが、今後は対面とオンライン両方行うハイブリッド型になってきます。
コロナにより全世界中が不安定になっていますが、講師業は衰退していません!




Q5
養成講座をお休みした場合、振替はありますか?


A

キッズワークショップクリエイター養成講座は、原則全7回の受講をお願いしております。
スケジュールを調整していただき、お申込みください。

もしご都合悪くお休みされた場合は、後日レクチャー部分のみを録画した動画をお送りします。(限定公開動画)
ただし6回目はロールプレイングによる実践講座ですので、録画動画はございません。振替もありませんのでご了承
ください。




Q6
講座で体験したアートプログラムをすぐ実施してもいいですか?


A

講座で知り得たアートプログラムは、認定証発行後、資格取得者として活動するまで実施することはできません。
詳しくは【講座規約】をご覧ください。




Q7
認定資格取得までの流れを教えてください。


A

「キッズワークショップクリエイター®養成講座」を修了後、認定試験に合格し入会手続きをしていただきます。
その後は「日本ワークショップクリエーション協会®認定キッズワークショップクリエイター®」の肩書を
使用することができます。


また認定校としてのアート教室開業をご希望の方は、さらに「子ども絵画造形講師養成講座」の受講をお願いして
おります。こちらも、認定試験合格後「日本ワークショップクリエーション協会®認定子ども絵画造形講師」の肩書を

使用することができます。


合格→協会から会員登録手続き用紙送付→入会申込書・年会費の納付

→認定登録完了